失敗しないためには選び方が大事!賃貸オフィスの選び方


条件を明確化しておく

賃貸オフィスを選ぶときには何かしらの条件を決めているものではないでしょうか。しかし、ただ条件を決めておくのではなく、その条件を明確化しておくことが重要です。例えば従業員が10人いる場合、「10人が作業できる広さが欲しい」というだけでは条件が曖昧なままです。この場合であれば、「従業員は10人いるから、20坪程度の広さは欲しい」というところまで決めておくのが良いでしょう。そうすることで具体的な広さが決まるため、自分の求める広さの賃貸オフィスを探しやすくなります。

耐震性を確認しておこう

日本の場合は地震が起きる可能性が高いため、賃貸オフィスであっても耐震性はチェックしておくのが重要になります。耐震性の低い賃貸オフィスは賃料が安い傾向が強いですが、地震でのダメージが大きくなるケースが考えられます。地震に弱いと機材やデータの破損が考えられるため、できるだけ耐震性の高い賃貸オフィスを探しておくのが大切です。また機密データの漏洩を防ぐためにセキュリティーの良い賃貸オフィスを探すのも良い選び方だと言えます。

実際に見てから決めるのが良い

候補が決まったら、実際に賃貸オフィスを見てみるのが良いでしょう。データに記されている情報だけでは分かりにくい部分もあるため、自分の目で賃貸オフィスを見ておくのは重要になります。例えばアクセスに関する情報は記されているものが正確かどうかは分かりません。「駅から徒歩5分」と書かれていても、実際には駅から8分以上かかる可能性もあります。そのため自分で駅から歩いてオフィスに行ってみるのも良いと言えます。賃貸オフィスによっては内装が気に入らないケースもあるでしょう。内装も写真だけでは分かりにくいので、自分の目で見ておくのが大切です。

中央区で賃貸オフィスが流行っておりサービスが注目されています。会議室などの共用スペースやIT環境などがあります。