意外と快適になる場合が多い?狭小住宅のメリットとは?


広々とした間取りになることが多いです

狭小住宅は嫌だから、無理して広い土地を購入するという人がいます。ただ必ずしも大きい家が良いとは言えません。それどころか狭小住宅の方が、快適に暮らせる場合があるのです。例えば間取りに関してですが、建物が大きくなればそれだけ柱の数を増やさなくてはならないです。これは強度を確保するためなのですが、その関係で部屋の真ん中に柱を立てる羽目になるケースがあります。他にも広い部屋が欲しいのに、壁を作らなければならず、結果的にそれぞれの部屋が狭くなってしまうのです。それに対して狭小住宅の場合、大きい家に比べると柱の数が少ないため、部屋は少ないものの広々としたスペースを確保できます。また段差をつけて一・五階などを作ることによって、プライバシーの確保も可能です。

知っておくと便利なこと

建物を建てる際には、容積率というものが関係してきます。そのため土地が狭いと、建物も小さくしなければなりません。すると当然、部屋数をたくさん確保することは難しくなるため、お父さんの部屋を諦めるといったことになりがちです。そのような時に覚えておくと良いのが、地下室に関してです。一定の基準をクリアすれば、地下室は建物の容積率には加算されないのです。湿気対策などをしておけば、寝室や趣味の部屋として使用することが可能です。その他にも、家具は作り付けにしておくのも良い方法です。改めて家具を買い揃えるとサイズが合わず、いわゆるデットスペースと呼ばれる使えない空間ができてしまうことがあります。狭小住宅ではとてももったいないです。ところがあらかじめ壁のサイズに合わせる、または階段の下に棚を作ってもらっておけば、無駄なスペースを作らず収納場所が確保できます。

狭小住宅とは狭い土地に建てられる住宅です。土地の面積が狭いので税金による出費を安く抑えられる点が魅力です。