あこがれる人が多い賃貸物件!「テラスハウス」について紹介します!


テラスハウスの特徴とは?

「テラスハウス」は2階建ての長屋のような物件を指します。一見、アパートのように見えますが、すべて2階建て、もしくは3階建ての部屋で、家が隣り合っています。入り口は1階のことも、2階のこともあります。中に入るとメゾネットになっていて、階段を使って上下の階を行ったり来たりすることができます。アパートやマンションのような集合住宅とは違い、玄関が独立して存在しています。エントランスルームのような場所がないのが特徴的です。

テラスハウスの魅力とは?

テラスハウスの魅力は、室内がメゾネットになっていることです。1階と2階に生活空間を分けることができます。1階を生活空間として使い、2階を寝室として使ったり、1階を仕事場にして、2階をプライベート空間にすることもできます。荷物が多い人は、2階を物置として使うかもしれません。メリハリの効いた生活を送りたい人にとって、生活空間を分けやすいテラスハウスはもってこいかもしれません。

テラスハウスを見つける方法とは?

テラスハウスに住みたいと思ったとき、賃貸物件サイトを使ってみましょう。「メゾネット」「アパート」というキーワードを入力して検索すると、テラスハウスをみつけることができます。「テラスハウス」と入力して検索をかけても、物件がみつからない可能性が高いので注意が必要です。もちろん不動産屋を直接訪ねて、テラスハウスを探す方法もあります。この時も「メゾネット」という言葉を使うと、不動産屋の担当者が誰でも、話が通りやすいでしょう。

千歳の賃貸物件は、様々な間取りとその物件数が近隣地域と比べ多い特徴があります。周辺の交通網も整備されており、空港をはじめ、鉄道・高速道路を利用することで、主要地域へのアクセスも有用です。