住みやすさも大切!快適でおしゃれな空間づくりのポイント


光と換気に気を配る!窓の大きさや配置がポイントに

デザイン性ばかり追い求めていると、いざ住んでみると日当たりが悪かったり、風通しが悪くてジメジメしたりして住みにくかったということが起こりえます。お洒落さも大切にしながら快適さを求めるならば、光と換気は重要なポイントです。特に、家族が集まる機会が多いリビングは光と換気に気を配るようにしましょう。光を効果的に取り入れ換気をおこなうためには、窓の大きさや配置が肝です。光を取り入れるために部屋の上部に横長に窓を付けるという方法があります。上のほうから優しく自然光が入るので、お洒落なカフェのような雰囲気になりながら効果的に採光することができます。

また、窓を空気の流れる方向に従って取り付けることで、部屋に嫌な臭いが残ったり、ホコリが舞ったりすることを防ぐことができます。適切に換気をすることができることで、ダニやカビの被害を最小限に抑えることも可能になりますよ。部屋の奥行に換気のために大きな窓を取り付けることで、部屋自体に広さを感じさせることができて、開放的な部屋作りをすることにつながります。

トーンを統一しながら手入れがしやすい材質を選ぶ

お洒落な家のデザインは、家全体のトーンが統一されている場合が多いです。どの部屋も同じ材質を利用することで、簡単にトーンを統一することができます。材質を選ぶときは、お洒落さと同時に手入れのしやすさも確認しておくことがポイントです。家に住む限り、掃除などの手入れは必須になります。手間がかかる手入れが必要な材質は、時間に余裕がある人ならいいですが、子育てや仕事で忙しい人には、負担が大きい場合があります。手入れがしやすい材質を選ぶことで、掃除の時間も短縮でき、いつでもきれいな状態を保つことができますよ。

ローコスト住宅は一般的な住宅と比べて人件費や材料費などを徹底的に削減をしており、規格住宅であるために格安で建築期間も短いメリットがあります。