どんな点に魅力があるの?賃貸オフィスを選ぶメリットと注意点


初期費用や利用のコストを抑えることができる

起業をする上でオフィスの場所選びは重要なポイントの一つです。社員の通勤はもちろん、取引先などの来客の負担を考慮してできる限り交通の利便性が良い所を選ぶことが大切になります。しかし、土地の価格は周辺環境の良さに比例して高くなるため、都心を始めとしたビジネスエリアのオフィスを購入するのは難しいのが実情です。こうした問題を解決してくれるのが賃貸オフィスです。賃貸オフィスであれば手頃な家賃で利用できるため、場所選びに頭を悩ませることがなくなります。自社ビルの場合、オフィス内に設置されているエアコンを始めとした設備のメンテナンスや不具合による修理は実費で行わなければいけません。賃貸オフィスはこれらも費用に含まれているので経営コストの削減にも繋がります。

賃貸契約ならではの注意点

賃貸オフィスはメリットがたくさんある反面、賃貸だからこその注意点もいくつかあります。文字通り賃貸はオーナーが所有する物件を費用を払って借りる形となるため、自社ビルのように会社の資産にはなりません。また、金融機関から何らかの融資を受ける時に影響が出ることもあります。融資の可否は会社としての信頼性が重視されるので、審査の段階でこの点が引っ掛かるケースも少なくありません。その場合、自社ビルではなく賃貸を選択している理由についてしっかりと説明をする必要があります。そのほか、極稀にインフレを始めとした経済状況の変化に伴って、オーナーから賃貸料の値上げ交渉を迫られることもあるので注意が必要です。

港区と言えば、都内でも一等地と言われる場所です。ベンチャー企業でも港区で賃貸事務所を借り、一等地にオフィスを構えることは可能です。