住宅ローンを使おう!注文住宅を建てるのに重要な準備


注文住宅の費用は住宅ローンで工面しよう

注文住宅を建てるときには数千万円の資金を用意しなければならないのが一般的で、一等地に土地を買って家を建てたいというような場合には一億円以上もかかってしまうこともあります。このような高額の費用を工面するのに役立つのが住宅ローンです。公的機関や民間機関が提供している居住用の住宅を手に入れるための資金調達方法として知られていて、注文住宅を建てるケースでは大抵利用されています。

住宅ローンを使う準備

住宅ローンを使って注文住宅を建てるときにはどんな準備をしておく必要があるのでしょうか。住宅ローンを利用するときには審査を受けて認められなければなりません。その審査を受けるための準備を整えておくのが最も重要になります。購入したい土地を探し、建てたい住宅の設計を済ませるのが大切です。土地や建物によってどのくらいの価値があるかが異なり、それに応じて住宅ローンの担保価値が判断されます。担保価値が高ければ比較的高額の借り入れをしやすいものの、あまり価値が高くないと収入が十分にない限りは高額の借り入れは難しくなるのが通例です。

しかし、土地や住宅建築にかかる費用がどのくらいまで大丈夫なのかがわからないと土地も設計も決められないでしょう。金融機関では住宅ローンの仮審査を実施しているのが一般的です。仮審査を受けると年収などの情報からどのくらいまでなら借りられる可能性があり、毎月の返済額がどの程度になるかも試算してもらえます。これを参考にすると具体的な準備を進めやすくなるでしょう。

一般的な工務店の年間注文住宅施工数は3から10棟ですが、横浜の注文住宅工務店の中には年間施工数が30棟前後という店があります。