良い物件を選ぶなら「内見」を重視しましょう!


「内見」は超重要です!

良い賃貸物件を探すために、足を使いましょう。賃貸物件サイトを使ってよさそうな物件を絞り込んだら、その物件を扱っている不動産屋に行き、「内見」をさせてもらいます。内見を繰り返しているうちに目が慣れてきて、その物件が良い物件なのか自然とわかるようになるので、1件目で決めたりせず少なくとも3件以上は内見をしたうえで住む家を決定するようにします。内見をするときは、自分なりのチェックポイントを決めておきましょう。「お風呂」「収納」「洗面台」など、チェックしたいポイントはすべて確かめておきます。「ベランダの外の風景」にも注目します。物件によっては、ベランダ側にお墓があることがあります。もちろん、とても素敵な風景が広がっていることもあります。玄関からは見えないことが多いため、必ず建物の裏側もチェックしましょう。

家具を配置した後をイメージしましょう!

内見をすると、「どの家も素敵だな」と感じます。また「思ったよりも広い」と感じるかもしれません。しかし前の住人が引っ越した後は、壁紙などを張り替えて最低限のリフォームがされたばかりの状態のため素敵に感じやすいでしょう。また物が置かれていないため、広く感じるのも当然です。持ち込む家具を置いた状態を想像すると、引っ越した後の家の様子がイメージできます。ベッドや布団を置く位置を決めると、他の家具を置く場所が自然と決まってきます。家具の大きさをあらかじめはかっておきメジャーを持って内見をすると、さらにリアルなイメージが可能です。良いイメージを描けた家は、あなたにとって最高の物件かもしれません。

苫小牧の賃貸は周辺に店舗や公共交通機関などが少ないので良く調べて契約することが重要です。自然は豊かです。