これだけは知っておきたい!快適な別荘ライフの過ごし方


快適な別荘ライフとはどんなものか?

自分の別荘があって、誰にも邪魔されずいつでも自分だけの別荘ライフを楽しめることは、無上の喜びです。管理センターの管理下にあれば、別荘周辺の見回りや修繕箇所の報告などをしてくれます。隣家との距離は十分に取ってあり、都会とは比較にならないほどプライバシーが保たれていると言えるでしょう。テラスやデッキが付いている別荘では、青空のもとでバーベキューやティータイムを楽しむことができます。

樹木に囲まれた別荘には、様々な種類の小鳥が飛んできて囀りが絶えません。郵便受けのボックスを開けてみたら、シジュウカラが巣を作っていることもあります。人口の少ない森林や海辺に建てられた別荘は、固定資産税も安くて経済的負担に悩まされることもありません。別荘の庭には花や野菜を植えることもできて、土いじりの楽しみが増えます。都会ほど近所迷惑にならないため、ピアノなどの楽器も思い切り演奏できます。都会のストレスを解消しリラックスするには、別荘が最高のアイテムと言えるでしょう。

快適な別荘ライフに必要なこと

別荘は常に快適に過ごせるよう維持管理のため頻繁に訪れることが必要です。たまに別荘に訪れると、清掃・修理・草刈りに相当の時間をかけなければなりません。そのため、別荘が自宅から遠すぎないことも重要です。せいぜい車で2時間程度の距離が望ましいでしょう。また、別荘を専門に狙う窃盗団がいるので、防犯対策も欠かせません。デッキに置いてあるバーベキューセットやテーブルなども盗難に遭うことがあります。盗難防止のためには、遠隔監視できる防犯カメラを設置することをおすすめします。遠隔監視のカメラは、自宅からネットを通じてリアルタイムで別荘の状況を確認できます。

八ヶ岳の別荘には、標高1200メートル以上の高原に建てられた物件が少なくありません。夏でも気温が30度を超えることがなく、冷房が必要ないほどです。